ソロプレイはつらいよ【The Division】

プレイ時間をあまりとれなくて、まだ序盤をうろうろしています。
そしてソロ専です。
いろいろ理由があって誰にも邪魔されないマルチプレイの時間とかなかなか確保できないよ(‘ε’*)

そんなソロプレイでの最初の難関が「技術棟」を開放するためのミッションである「地下死体安置所」でありました。
推奨レベル6か7以上ってことだったのでそのぐらいからチャレンジしていたのですけどラスボスで一向に勝てず。
サイドミッションやエンカウントなどで装備更新しつつ何度も挑戦してようやくクリアできたのがレベル10の時でした。

ミッションコンプリート

しんどかったよママン…。
レベル30まであるのにこんな序盤で負けてたら先が思いやられるのです。

このミッションで助けたおじさん。

オマエ助けるの大変だったよ!

あんなに苦労したのにこのゲームのNPCときたらかわいげも何もありゃしない。
日本語のローカライズはしっかりされているんですけど、謎なのがニューヨーカーなNPCの多くが関西弁でしゃべることです。
ニューヨークってアメリカの中で大阪的位置付けというか、英語がなまってんの?(´Д`?)
さっぱりわからぬ…。

ともあれ技術棟が機能したおかげでソロの味方のタレットとかのスキルが使えるようになったのでちょっと楽になりました。

まだまだショボイ

レベルキャップやストーリークリアまで、まだまだかかりそうです。

ここまでプレイして思ったのが、このゲームをソロでやっていると本当にひとりでさびしいということです。
Destinyなどは一緒に戦ってはくれないけれど常にゴーストとか「愉快な仲間たち」っぽいNPCがいたしフィールドにいる他プレイヤーたちとゆるく共闘できる場面などもありました。
Divisionにもせめて愉快な仲間たちが欲しいですよ(‘ε’*)

そんなに戦力にならなくてもいいからNPCをひとりパーティにつけてくれないかな…。
マスエフェクトみたいに愉快な仲間たちとパーティを組めるゲームが一番いいんですけど。
あぁマスエフェクトみたいなゲーム出ないかなぁ。

と思って調べたら、まんまマスエフェクトの新作が出るみたいです。
ローカライズを待っていたらだいぶ先になりそうですけれど、それはすごく楽しみですね(⌒∇⌒)

0